結婚相談所を使って「結婚」に対して真剣に考えるようになった

結婚相談所を使って「結婚」に対して真剣に考えるようになった

私は29歳の春に彼女と別れました。
彼女と別れた後は、街コンなどにも参加したのですが、あまり良い出会いが無かったです。
なので、私は結婚相談所を使って異性と出会う事にしました。
結婚相談所を使おうと思ったキッカケは、私の友人達も結婚相談所で恋人を作れていたからです。
結婚相談所では「コーディネーター」という、婚活のサポートーをしてくれる人がいたので、とても頼りになりました。
コーディネーターさんは婚活に対する悩みを真剣に聞いてくれましたし、婚活をする上でのコツなどもアドバイスなどもしてくれたので、
婚活に対する多くの知識を得る事が出来ました。
コーディネーターさんとは、転職で例えると、転職エージェントにいる「転職コンサルタント」のような人ですね。
転職コンサルタントの人も「就活生と二人三脚で就活を頑張る」という面では、結婚相談所のコーディネーターさんと役割がとても似ています。
そして、コーディネーターが紹介してくれる女性の人は、私と気の合う人ばかりでした。
結婚相談所では自分のプロフィールを基に、相性の良い異性をコーディネーターさんが紹介してくれます。
なので、登録している大量の女性の中から自分と気の合う人を探さなくても良いので、手間はかなり省けました。
「この人は少し合わないかもしれないです」とコチラがハッキリ言っても、コーディネーターさんは「分かりました!ではこちらの人はいかがですか?」
のような感じで、明るく対応してくれたので、紹介してくれた女性を断りにくいという事も少なかったです。
そして実際にお相手さんとマッチングしたら、数回デートをするのですが、結婚相談所に参加している女性の人は真面目な人が多かったです。
中には超高学歴で、超大手企業に勤めている人もいました。
私が街コンや出会い系サイトを使っていた頃は、高学歴の女性はそこまで多くは無かったのですが、
結婚相談所では大卒出身の女性が多かったので、少し緊張しました。
当然、私よりも立派な企業に勤めている女性も多くいたので、その時は「営業のコツとかあるのですか?」「オススメの自己啓発本とかあるのですか?」と
仕事の話をバンバン聞きました。
そして何よりも、結婚相談所では結婚を真剣に考えている人が多かったので、純粋な恋愛が出来たのも良かったです。
結婚相談所を使う前までは、恋人が出来ても結婚に関して真剣に考えたりしなかったのですが、
結婚相談所を使っている女性達を見てからは
「結婚とは何か」について真剣に考えるようになりました 婚活 板橋